日本フィル&サントリーホール「とっておき アフタヌーン」

5月8日、日本フィル&サントリーホール「とっておき アフタヌーン」へ行ってきた。 指揮:藤岡幸夫 ヴァイオリン:服部百音 ナビゲーター:政井マヤ チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調  ストラヴィンスキー:組曲『火の鳥』(1919年版) 前半のV協奏曲では、服部百音さんの演奏に浸った。演奏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どう楽しむ?クラシック音楽

下の動画の対談が面白かった。(放送時も見ていた)流石に両氏とも音楽家であり、楽曲への情熱を熱く語っている。 https://youtu.be/FnUXu7gfW0w 専門家でない、ズブの素人ではあるが、私見を述べてみたい。 昨年12月に聴きに行ってから、自分はクラシック音楽の演奏会に嵌ってしまった。何が自分を夢中にさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N響ゴールデン・クラシック2019

4月28日、「N響ゴールデン・クラシック2019」を聴きに行った。副題に「ロシア音楽の真髄と清水和音のラフマニノフ#2&#3」とある。指揮はドミトリー・リス。先述の通り、ソリストは清水和音(以下敬称略)、演奏はN響。 曲目は、 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 リムスキー=コルサコフ:ロシアの復活祭 序曲 ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AF通信電 英国の逆襲

斬新かつ大胆な旅客機開発の構想を、ロンドン発AF通信が伝えています。 ULH-1と名付けられたその旅客機は、無尾翼の全翼翼双発機で、全長40m、翼福80m、最大300名の乗客を乗せ1万5000km飛行が可能とのことです。 最大の特徴は、2乃至3機が地上及び空中で連結しての離着陸及び連結解除も可能である点です。これにより、今後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉交響楽団 八千代公演

既に1週間以上経ったが、3月10日(日)、八千代市民会館に千葉交響楽団の公演を聴きに行った。家から徒歩で20分とかからない距離である。大分春めいて来た陽気の中、散歩がてら出かけた。 13:30開場。14:00開演。「キャンディード序曲」で幕が切って落とされた。明るく快活な、まさにアメリカの雰囲気が醸し出される。サントリーホールや佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェドセーエフ指揮N響「くるみ割り人形」

12月12日、サントリーホールで催されたNHK交響楽団定期公演を聴きに行った。指揮は大好きなロシアの巨匠、ウラジミール・フェドセーエフ(敬称略)!度々来日されているが、何だかんだで予定が合わず何度涙を飲んだことか。よって、フェドセーエフを生で聴くのは、今回が初めてだ。 さて、いよいよ開演。座っていたのは、1階ほぼ中央後ろから2列目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単発ジェット旅客機

超大口径のターボファン・エンジンを搭載する、単発ジェット旅客機が構想されていると、サンフランシスコ発AF通信が伝えています。 スタンクライスラー大学のスウェネカフ教授 (Prof. Swenekaf) のチームが、その研究結果を発表しました。それによると、B777型機の胴体とほぼ同じ口径を持つターボファンエンジンを尾部に設置したデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅客機10選

ふととした思い付きで、好きな旅客機を10機首選んでみた。捨てがたいものが多々ある中、独断と偏見で選んだのは、以下の通り。何れも甲乙つけがたいので、時代順に並べる。   HP42 ・・・ 古き良き時代   L1049 コンステレーション ・・・ 芸術品   Tu-114 ・・・ プロペラ機を超えたプロペラ機   DH106 コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長良ういろ

航空祭で岐阜に行ったとき、目に留まったのが「柿ういろ」。土産に「栗ういろ」と共に購入。共に美味で、とても気に入った。 そこで、取り寄せられるかとネットで検索。製造元の「長良ういろ」のHP(http://www.nagara-uiro.jp/)を発見。早速注文した。 その際、ちょっとしたトラブルが発生。先方に、ことの市債を伝え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜基地航空祭 2017

あれからもう2週間以上経ちましが、今年も岐阜基地航空祭に行ってきました。 天候に恵まれず、プログラムの変更を余儀なくされましたが、見どころ多い飛行展示を十分楽しめました。13万人の観衆を楽しませようと、悪条件の中最大限飛ばしてくれた、岐阜基地関係各位の心意気に感服しました。 その様子は、HPにまとめてあります。こちらにリンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなのを作ってしまった。(笑)

来る7日が「ロシア革命100周年」と言うことで、HP(今更はやらない形式ですが・・・ 笑)上に便乗企画を掲載しました。ソ連時代のアエロフロート機(勿論模型)を並べて遊んでみました。一種の「共産趣味」です。(笑) http://www5c.biglobe.ne.jp/~yasha/models/100yrr.htm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレッチェ・トリコローリ

完全に心を奪われてしまった。毎日姿を見て、心をときめかせている。寝ても覚めても。ただ一つのことで頭は一杯である。全く理性が働かない。 色っぽい話である。何せ、三色なのだから…  我が心を掴んで放さないその相手は、「フレッチェ・トリコローリ "Frecce Tricolori"」、イタリア空軍のアクロバット・チームである。(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正男暗殺事件 もしかして・・・

金正男暗殺事件は、多数の監視カメラを含め衆人環視の中で実行される等、「暗殺」としては杜撰な犯行との評が多い。しかし、それは、あくまでも「暗殺」が主目的であったとの前提である。だが、主目的が「暗殺」でなければ、違った見方もできよう。 事件を振り返ってみると、実行犯は「たれんとしぼう」の若い女性で、しかも「素手」で毒物を被害者の顔面に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正男殺害 関連報道について

クアラルンプール空港の防犯カメラ映像がTV各局で放映されるなど、金正男殺害事件についての情報がす。腰づつ出てきている。それらを見て、以下の3つの疑問を持った。 1.クリニックへ向かう際先導している(ように見える)青いシャツの男は何者?  警備員(警官?軍人?)とは服装が違うので、空港職員か?あるいは、たまたま同じ方向へ向かってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜基地航空祭レポート

HPに、「その1」、「その2」、「その3」、「その4」と書き綴って来た今年の岐阜基地航空祭の様子(以上の「 」内にそれぞれリンク)だが、只今「その5」の執筆中です。これが中々捗らない。 米大統領選をめぐる報道に見入ったり、仕事が忙しかったりと、ままならない。今日もPCに向かうが、何となく疲れ気味で、一服が長い。尾は言え、こんな一文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今更ノストラダムス 的中?

部屋を片付けていたら、「ノストラダムス大予言 原典(諸世紀)」(たま出版!!)という本が出てきた。何気なくパラパラと捲っていたら、次の物(和訳)が目に留まった。 せむしが議会で選ばれ 地上では決してみられないような          みるも恐ろしい怪物になり 一陣の風が彼の目をつらぬき 王に対抗する者は   忠実なも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こんにちは、僕・・・」 銅イオン

電気分解が進むと、青い塩化銅水溶液の色が薄くなる。これは青色を示す銅イオンが、反応が進むにつれ減少するからである。 銅イオンは、銅原子が電子を2個放出したものである。赤褐色だったものが2つ削られて青くなる。あれにそっくりですよね。あれ!あれ!ほら、ネズミに耳を齧られて青ざめてしまった、狸のようなネコ型ロボット。 これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

略奪愛 還元

化学変化を男女関係に例える猛威とつの例が、酸化銅の還元反応。その枕としての銅の燃焼から始めます。 1. 炭素による酸化銅の還元 ① 熱く燃えて結ばれた銅と酸素は幸せに暮らしていました。 ② そこの現れた色の黒い逞しい炭素に酸素はときめいて、惹かれてしまいました。   さみしく一人残された銅に、酸素は一言、「こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more